ホタテ

ホタテ
ホタテ 200円

※表示価格はすべて1カン(1個)の値段です。

しっかりとした大きなホタテを酢飯でにぎり、ホタテの甘みをお楽しみください。

★豆知識

日本人に好まれるホタテ、世界には約300種類が生息しています。日本では海外への輸出もされるくらい収穫されています。寒い場所を好むので北海道や東北の海で多く収穫されています。殻がひったりととじている時は生きている証拠。半開きでも触ってみて閉じるようでしたら生きています。

ホタテの名前の由来
江戸時代位につけられました。“和漢三才図会”という書物に載っています。「姿はまるで帆船のようである」このことから帆立貝とついたそうです。(これは、上下にある殻があいた時の姿を現しています。下の横向きの殻は“船の甲板”もう一つは縦にむいている姿が帆のように見えることから)

帆立の貝柱は「高たんぱく・低カロリー」その他にも多くのミネラルやビタミンも多く含んでいます。タウリンも含まれていますので、コレステロールの低下や血圧を整えるいい作用も持っています。1日1個の貝柱で、成人が1日に必要なタウリン量を摂取できます。タウリンをとりすぎても問題は無いのでお子さんにもとっていただきたい食品です。

ホタテは何を食べるの?
ホタテは海水中のプランクトンなどを食べています。天然では1年では2cm,3年では9cmほどに成長します。養殖になると3年で10cm以上になるそうです。

ホタテの移動
どのようにして移動するのでしょうか???ホタテは上下にある殻を勢いよく閉めることによって水を押し出し移動するそうです。姿はまるで海底を飛んでいるようです。1回の移動で1〜2mも移動できるそうです。
にぎり:お好み一覧へ戻る

野毛で三代続く昔ながらの寿司屋です。地元の人達や近くの会社の方達が気軽に利用する庶民的なお店です(^^
横浜の寿司
錦寿司ランチメニュー
横浜の寿司
錦寿司のにぎり寿司-お好み-
横浜の寿司
錦寿司のにぎり寿司と巻物
横浜の寿司
ちらし寿司
横浜の寿司
横浜・野毛で宴会
横浜の寿司
横浜・野毛の寿司屋へ行く

錦寿司と野毛をもっと知ろう

かねさんの本宿フォトライブラリー
母の生まれ育った「群馬県下仁田町」かねさんのブログです。


錦寿司トップページへ戻る